topimage

2015-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひげ。 - 2015.10.14 Wed

ていうか、そもそも

なるとの顔に生えた猫みたいなヒゲは一体なんなんだ。

って急に思ったよね。

お前、人だろ って。




なると、読んだことないけど






桂川ウェルネスパークってとこが

人少なくて

自然いっぱいのステキな公園だったので

先月再訪してきた。




スイッチが入るまでかなり時間かかったけど、

はるさんもそれなりに楽しそうにしていた。

ノリノリになってからは、しっぽぶんぶん振ってたので 間違いないと思うんだ。





DSC09688.jpg




最初はうかない顔。

てか、一日のほとんどは こういう顔か薄目で過ごしてる。

多分、まぶしいだけ。





DSC09692.jpg





だんだんのってきたよ。







DSC09711.jpg






DSC09712.jpg






DSC09713.jpg






満面の笑みで颯爽と通り過ぎて行きました。

ある意味では、期待を裏切らない行動。

最近は散歩に連れて行っても、途中で地蔵顔になって動かなくなるので困っています。

帰宅した途端に、とても体調が悪いとは思えないような動きするので (誰も望んでないのに)

とりあえず

健康に問題はなさそうです。

ま、一応。

はー こまったな。





なんか、チワワですかって言われなれてきた。
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ
絶妙な角度で
スポンサーサイト

未熟者の精神論。 - 2015.10.10 Sat

寒さが本格化して、秋のにおいがぷんぷんしています。

銀杏もくさいです。

もうぷんぷんです。

私の鼻は絶不調ですが、みなさん いかがお過ごしでしょう。

ちなみに、私はティッシュなしには出歩けない状態ですよ。

と、いらぬ情報を添えておきます。

耳鼻科行きたくない。

耳鼻科がキライだ。

待たされるし、吸引させられるし、どうせ治らない 三重苦。






子どもがいない、いろんな人の経験を見聞きする中で、

私は自分が恵まれた環境にいることを実感しています。

義両親も、両親も

一度も 子供は? と言ってきたことがない。

義両親には、家を買う時まで 治療のことは話していませんでした。

その時 すでに結婚して数年たっていたし、年齢もそこそこだし

その年代の人たちの常識で言えば 「子供を産むのが当然」 という感覚でもおかしくないと思う。

それでも、義両親は何も言わなかった。

今になって思うのは

むしろ、義両親が親戚に私たちのことで言われていたかもしれないな。 と

「子供を産むのが当然」

それは、その人の環境がそう考えさせるものであって、その人が悪いとは思わない。

そして

「子供がいないから、人として未熟」

そう考える人は、きっと私が思っている以上に多い。

だって

私も学生の頃は、そういう感覚だったじゃん。

だから

そんな私が そう考える人を批判することはできない、と思っている。





でも

今の私は、必ずしも 「子どもがいないから、人として未熟」 ではない。 と思っている。

自分が該当するから、 「そんなことないもん!」 と子どものように否定したいわけでは、決してない。

残念だけど

自分のことを例にあげて否定できるだけの器ではない という自覚はある。

大した人間じゃあないです。

大人になりたいです。

急に大人思考になっちゃうような画期的な方法論があればいいのに って夢見る日々です。





あれ

なんの話だっけ。




まぁいいや。

ここ数か月、何事にもやる気が起きなくて、ひたすらうだうだ過ごしていたんですが

数日前から

「 丁寧に生活しよう 」 キャンペーン実施中です。

丁寧に生きてみよう ってなんでかわからないけど

急にふと、思いまして。

常日頃

「あーこれやんのめんどくせー」

と思う瞬間あふれる生活を送ってるんですが  ←めんどくさがりなだけ

その瞬間に 「丁寧に生きる」 というワードを思い出すと

結構スムーズに、身体が動き出すのが面白くて

キャンペーン期間を延長してお送りしています。

なぜか

ふと

なんて言いましたが

治療を再開するかどうか、を考えるにあたって

夫と一緒にあとどれくらいの時間を過ごせるだろうか と考えることが増えて

今のぐーたら生活を続けて、心を甘やかしてやるのはいいけど

夫の最期の時に、私は胸を張って見送ることができるのか

今のままなら、できない。

そう思ったことが、正直なきっかけです。

正確には、夫の最期と私の生活態度 に密接な関係など皆無だということは理解しています。

単なる精神論です。





こういうこと書くと

夫 「え? 俺死ぬの?」

って言われるので、あれですけど

人はみんな死にますんで、安心してください。

命に限りがあることは、私にとって半分は安心材料です。

ずっと続くほど恐ろしいことはない。 そう思う。

多分、そこは夫も同じだろうと感じている。



私のようにぐうたらな生活をしている人ばかりじゃないことは重々承知ですが

「丁寧に生活しよう」キャンペーン

おすすめです。







DSC09571.jpg




シープスキンにうっとり。




DSC09644.jpg




お誕生日のご飯は、サツマイモトッピング。

においチェックは入念に。




DSC09781.jpg




容赦なく指ごと食べます。

痛いよ。




DSC09814.jpg




そんなこと言うなら

目を開けてください。






キャンペーン




よし

有言実行。




↓今年も行きたい
にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ
イチョウの季節。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ゆかぽっくり。

Author:ゆかぽっくり。
 
私:
ハマるととことん突き詰めて、ある日突然飽きるタイプ
例外はお煎餅と、夫だけ。

夫:
的確なアドバイスをくれる頼もしいお方。
便利に生活するための工夫が盛りだくさん。
可愛いものが大好き、私以上に乙女な心の持ち主です。

2012年末に、中古戸建を購入。
その時、長らく夫婦二人で生活してきた私たちは新しい家族として「はると」をむかえました。

はると:スムースチワワ♂

ブタミミ大好き
お散歩大好き
ひざの上大好き
クッション大好き
来客にはちょっと手厳しい
それが、はるさんです。

はると
はるさん
はるを
はーと
はーさん
ほとんど原型をとどめない呼び名になりつつありますが
今日も、はるとは元気です。

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

未分類 (0)
はると (158)
わたくしごと (57)
おっと (7)
おうち (5)

ブログランキング

検索フォーム

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。