topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

治療はお食事で。 - 2014.11.16 Sun

ふわっとお話した、夫の健康問題について掘り下げます。

正直言って、面白い話では ないと思います。

健康問題っていうと、メタボの人に 運動食事に気を付けて って言う程度の軽いものに思われてしまうかもしれませんが

はっきりと、命に関わる状況です。

問題がみつかったのは、腎臓でした。

腎臓が、どんな機能を持った臓器なのか 知ってる人は少ないと思います。

私も、夫のことがなければ きっと知らないままだったと思う。



腎臓くんを簡単にご紹介 ←いきなり「くん」付け

■老廃物、毒素の排出 (この機能の代替として行われるのが人工透析です)

■血圧の調整 (機能が落ちると高血圧になりますが、高血圧は腎臓に負担をかけるという悪循環)

■血液をつくる (機能が落ちると赤血球が不足して、貧血に)

■イオンバランスの調整 (必要のないミネラルを排出→機能が落ちると高カリウム血症の危険)

■活性型ビタミンDの生成 (カルシウムの吸収に必要→機能が落ちると骨粗しょう症の危険)

腎臓くんが担う役割は数多く、とても大きなものだとおわかりいただけますか?



問題がみつかったって言っても、治療すれば治るんでしょ? と思うかもしれません。

しかし、残念ながら

悪くなった腎臓機能を、飛躍的に回復させることは、現代の医療でも不可能です。

100あるべき数値が50しかなかったとして、一時的に 55や60まで回復することはあっても

100に戻すことは100%不可能だと言い切れます。

できるのは、残りの機能を大事に大事に使うこと。

と言っても、健康な人でも年齢とともに、腎臓機能は落ちていきます。

腎臓は消耗品なので、当然のことです。

だから、正確には 「残り少ない機能の低下をゆるやかにさせること」 が必要です。

そのために、食事療法を始めました。

夫の場合、 「必要最低限と言われる数値の半分」 の機能が残されています。

これをどのくらいの期間もたせることができるか

食事療法=食事制限 がどれほど効果を発揮するか にかかっていますが、効果は神のみぞ知る なのです。



現在実施しているのは

塩分(ナトリウム)、タンパク、カリウムの制限

なおかつカロリーを必要量摂取することが、課題です。

タンパクの制限をすると、カロリーはおのずと減ってしまうのですが

カロリー不足がおきると、筋肉(主にたんぱく質)をエネルギーに変えてしまうため

タンパク過剰摂取と同じ状況になってしまう。

これが、食事療法の大変なところです。



現在、夫の食事は毎日欠かさず、一日3食すべてを計算して、私が管理しています。

腎臓病用のレトルトに頼ることもありますが

基本的には、測りでひとつひとつ食材を測り

タンパクや塩分(調味料以外に、食材そのものにも含まれる)を計算しながら調理します。

正直、最初は気にするべき点が多すぎて、頭がおかしくなりそうでした。

もう、自分の頭から湯気出てるんじゃないか と思った。

今は、ほとんどの食材のデータを記憶していて、定番メニューもできてきたので

普通に美味しくご飯を食べてるだけ という感覚です(私も夫と同じメニューです)

普通のご家庭と違うのは、いちいち調味料を 計量スプーンで測ってる姿 だろうか。

味見して調味料を足す ということは、ほとんどしなくなりました。

ほどほどに美味しければ、それが わが家の正解。

そう考えています。

いや、でもね 多分すごく美味しいよ。 私の減塩メニュー。



得意の自画自賛が出てしまいました。 さーせん。



今のところ 疲れやすい程度で特別な症状がないこともあり、

腎臓について知らない人に病状の深刻さを伝えるのは、きわめて難しいことを実感しています。

今よりも数値が悪くなれば 安静が必要になる。

安静が 「必要」 とか言う前に、もう動くのがつらくなってくるはずです。

そこまで重度になれば、透析か腎臓移植の選択をせまられます。

透析も移植もしない=生命維持ができない つまり、…

うん。

その時が来れば、これをくつがえすことは 不可能です。

腎臓を提供するドナーは、幸いなことに、血液型の相違は現代の医療では問題にはなりませんが

心疾患などがなく健康であることが条件で

ガンや血液検査など いくつもの検査をクリアしなくてはなりません。

夫の親族には、検査を受けるまでもなく 条件をクリアできる人はいません。

腎臓をあげられるのは、私だけです。




今のところ夫は 今まで通りに働いています。

よく食べ、よく寝て、よく笑って ごくごく普通です。 ←夫が

ただ

それを、涙が出るほど 幸せに感じる。 ←私が

そういう日々です。




DSC07387.jpg



DSC07892.jpg



DSC07809.jpg




DSC07839.jpg





DSC07788.jpg





DSC07729.jpg




↓ これでも一応 ランキング、参加してるのよ。

にほんブログ村 犬ブログ スムースチワワへ
今、目の前にある幸せに 気付くか気付かないか。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://haluton0824.blog.fc2.com/tb.php/199-5020bb8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

紅葉と黄葉と、はるとと一行。 «  | BLOG TOP |  » お庭の紅葉をめでる。

プロフィール

ゆかぽっくり。

Author:ゆかぽっくり。
 
私:
ハマるととことん突き詰めて、ある日突然飽きるタイプ
例外はお煎餅と、夫だけ。

夫:
的確なアドバイスをくれる頼もしいお方。
便利に生活するための工夫が盛りだくさん。
可愛いものが大好き、私以上に乙女な心の持ち主です。

2012年末に、中古戸建を購入。
その時、長らく夫婦二人で生活してきた私たちは新しい家族として「はると」をむかえました。

はると:スムースチワワ♂

ブタミミ大好き
お散歩大好き
ひざの上大好き
クッション大好き
来客にはちょっと手厳しい
それが、はるさんです。

はると
はるさん
はるを
はーと
はーさん
ほとんど原型をとどめない呼び名になりつつありますが
今日も、はるとは元気です。

最新記事

月別アーカイブ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ

未分類 (0)
はると (159)
わたくしごと (58)
おっと (7)
おうち (5)

ブログランキング

検索フォーム

お気に入り

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。